top of page

睡眠の質をあげたい方必見ぐっすり眠れる方法!

みなさんこんにちは!

新感覚ドライヘッドスパ専門店ivy(アイビー)恵比寿店です!


本日は睡眠の質を上げる方法についていくつかご紹介したいと思います。


1.食べ物

眠る前に食べるものによっても睡眠の質が変わるということはご存知でしょうか?

体が休もうとする時に刺激物や消化に時間のかかる食べ物を摂ってしまうと、

内臓たちが活動しなければならなくなってしまうので上手く疲れが取れないんですね

 

タンパク質や炭水化物も消火に時間がかかってしまうので

眠りたい時間の5時間前までに食べた方が良いんですよ!

スパイスや油の多いものは、

美味しくてついつい食べてしまいがちですが、

寝る直前にこれらを食べるのは避けた方が良さそうですね

 

でも反対に眠りにつくのを助けてくれる食べ物もあります!

 

・くるみ

快眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」自体がくるみに含まれている訳ではありませんが、

「メラトニン」を生成する必須アミノ酸の1つ「トリプトファン」が豊富に含有されているのです。

 

・白ご飯

この理由の1つは、「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」を生成する際には、

炭水化物が利用されているためとのこと。

研究によると、就寝の4時間前に1カップ240ccの白ご飯を食べると、

スムーズに眠りにつくと言われています。

 

・卵

卵は、ビタミンDを天然に含む数少ない食べ物の1つです。

ある研究によると「ビタミンD」が不足していた男性は、十分に摂取していた男性に比べて

睡眠障害や睡眠不足になる方が多かったという結果が出ています。

 

2.寝る前に軽くストレッチをする

心身の緊張をほぐし、寝つきが良くなる嬉しい効果があります。

筋肉を緩めることで血流が良くなるといった身体的な効果や、

リラックスを促す副交感神経を優位にすることで、

自然な眠気に繋がり深い眠りにつくことができます。

ハードなストレッチは、交感神経が優位になってしまうので適度にしましょう!

 

3.アロマを使う

嗅覚は、感情とも関わりがあると言われています。

嗅覚への刺激は、感情を左右する場合があるので、リラックスできる香りを使えば、

質の高い睡眠に繋がりやすくなります。

 

~睡眠に効果的なアロマ~

1、ラベンダー

2、ベルガモット

3、スイートマジョラム

4、ゼラニウム

5、ネロリ

6、サンダルウッド

 

しっかり寝ても、疲れが取れず起きたときにだるさや、かなりの眠気を感じるのは辛いですよね。


お仕事や家事で色々疲れている中だとは思いますが、ご自身の身体を大切にしてくださいね。


是非新感覚ドライヘッドスパ もお試しくださいませ^^

皆様のご来店心よりお待ちしております^^

最後までお読みいただきありがとうございます。


If you near me, please contact us. you can get whatsupp in website. Thank you for watch to the end. ___________________________________________


新感覚ドライヘッドスパ専門店 ivy恵比寿

睡眠改善/プライベートサロン/マッサージ

📍東京都渋谷区恵比寿1-22-3#706 https://www.ivyebisu.tokyo/en/book-online


最新記事

すべて表示

活性酸素とは?

みなさんこんにちは! 新感覚ドライヘッドスパ専門店ivy(アイビー)恵比寿店です。 みなさん、「活性酸素(かっせいさんそ)」って知ってますか? 本日は、活性酸素とはいったいどんなものなかお話します。 生きていくためには、酸素が必要というのはご周知のとおりです。およそ60兆の細胞からできている人間の体は、酸素を使い生きるエネルギーを生み出します。 しかし、呼吸によって体内に取り入れられた酸素は、栄養

免疫力と睡眠の関係

みなさんこんにちは! 新感覚ドライヘッドスパ専門店ivy(アイビー)恵比寿店です。 眠ると、人間の体からは成長ホルモンが分泌されます。 成長ホルモンは、体全体の疲れを回復させる働きがあり、免疫力と密接な関係があります。 睡眠によってストレスが解消されるという点も大切です。 ストレスによって交感神経ばかりが活発化してしまい、自律神経のバランスが悪くなって免疫力低下に繋がります。 睡眠を十分に取ること

隠れ脱水に注意!

みなさんこんにちは! 新感覚ドライヘッドスパ専門店ivy(アイビー)恵比寿店です。 春になり、気持ちが前向きになって運動や新しい取り組みを始める人も多いのではないでしょうか… そんなときに自分の体の変化へもしっかりと目を向けないと脱水症状を 起こすこともあります。 脱水は1年を通して起こる可能性があります! 脱水というと、夏場に汗を大量にかくことで起こると思われがちですが春は気温の変動が激しく体の

Comments


bottom of page